なぜ、海外の方が日本の風俗より安全なのか。

私は、海外の風俗を愛している。
知人にもよく言われることがある。

性病を貰いそう。

これについては、正しい知識さえあれば回避できる確率は上がる。

日本の性教育は、発展途上国レベル

日本の性教育は、臭いものに蓋をするかのように、教えている内容が非常に乏しいのである。なぜ、妊娠するのか。どうすれば、避妊できるのか。どうすれば、性感染症を予防できるのか。この辺りについては、海外の方が一歩踏み込んだ性教育を行っていると言っても過言ではない。
私は、今まで海外で普通の人以上に遊んできたが、一度も性感染症に罹患したことはない。定期的に検査を受けているが、なぜ感染したことがないのかは、国内と国外の風俗を比較したら明確である。

生での性行為、フェラチオ、キス。

国内と海外の風俗嬢の知識を比べたときの違いが明確である。日本の風俗は、生フェラが当たり前のように行われているが、海外ではほとんど経験したことがない。タイ・バンコクにあるフェラチオ専門店は、生が当たり前だが他の風俗は、必ずコンドームを着用させられる。
これに関しては、国外風俗の方が国内風俗に比べると感染予防に有効だと思っている。実際に日本の風俗業界は、性病蔓延に悩まされている。これについては、外国人観光客のインバウンド効果が一因と考えられるが、断言できない。

検査の環境と正確性

日本が勝っている点もある。それは、性病の検査環境と結果の正確性では、ないだろうか?国内風俗店なら定期的に性病検査を行っている店舗もあるだろうが、海外風俗の場合は、わからない場合が多い。不特定多数と性行為をする風俗嬢が定期的に検査を実施していれば、安全性は高まる。しかし、検査を行っているのか不明なので、避妊具等を用いて、徹底的にお互いが予防に務めるしかない。

東南アジアも安全になってきた。

一昔前までは、知識もなく売春をしていた嬢が居た国も徐々に、しっかりとした性教育を行い、性病の感染予防の知識レベルも格段と上がった。
コンドームなんて使っているから、時間がかかるのよ!生ですれば回転率が上がると考え、売春を行っていた国と時代もあったがそれも今は、都市伝説のようになっている。

僕は、海外風俗での性感染病の予防知識については、海外が勝っていると思うし、日本国内より安全だ。
海外では、生で粘膜が接することほぼないのだ。日本特有の素股は、かなり危険な行為だと思っている。

まとめ

100%とは言い切れないが、海外の風俗店は、安心・安全だと伝えたい。
もちろん、海外のたちんぼ、置屋では衛生面等の問題もあるので、気になる方は、店舗型の風俗利用をおすすめする。


いいね!と思ったらクリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
このブログの露出度が上がります!
PVアクセスランキング にほんブログ村